【第1話~全話】「○○とか」隠れタイトル・あらすじまとめ | 生きるとか死ぬとか父親とか

ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」。

自由奔放な父(國村隼)と
振り回される娘・トキコ(吉田羊)の物語。

毎話ごとにサブタイトルがあって、
こちらもドラマのタイトルと同様、
「○○とか ○○とか」のフレーズがお決まり。

さらに、3つ目の「○○とか」は
エンディング前で明らかになるという構成で
これが毎話の楽しみにもなっているんですよね。

第1話の”○○とか”がなかなか思い出せず
悶々としてしまったので、まとめておきました。

第1話

ある日、トキコは父について”エッセイ”を書くことを決める。

結婚とか 独り身とか 裏切りとか

第2話

トキコは父と一緒に叔母(松金よね子)のお見舞いへ行くことに。

老いるとか 思い出とか 弔いとか

第3話

「顔のシミを取りたい」と突然言い出した父に戸惑うトキコ。

美容とか 見た目とか 偏見とか

第4話

トキコのエッセイが掲載された銀座のタウン誌「銀座百点」を探しに
父と一緒に思い出の銀座を訪れたトキコ。

時代とか 東京とか 面影とか

銀座百点

第5話

トキコが父と一緒に、動物園からのトンカツ屋へ。

嫉妬とか 愛情とか 絆とか

第6話

子供とか 夫婦とか 幸せとか

第7話

不倫とか 友情とか 秘密とか

第7話に登場したトッキ―の名言。

トキコ
振られる方は唐突でも
振る方は着々と準備を進めているんです

第8話

恋人とか キャリアとか 後悔とか

第9話

過去とか 娘とか 真実とか

第10話

母親とか 懇願とか 喪失とか

第11話

不妊とか 崩壊とか 人間とか

第12話

生きるとか 死ぬとか 父親とか

6話以降、あらすじを割愛してしまいすみません…

回を追うごとに明らかになったトキコの母の隠された心情。
寂しさを埋めるように、
高額の洋服を購入していた過去には驚きました。

buta
I recommend this drama.