殺された人の名前に数字って…「天国と地獄」で「名探偵コナン」が連想されてしまう件

ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」を見ていて
アニメ「名探偵コナン」を連想してしまった方、
結構いらっしゃるのではないでしょうか。

個人的にコナンを彷彿とさせられてしまった箇所を
紹介したいと思います!

14番目の標的(ターゲット)

「天国と地獄」第3話で明らかになった
被害者の名前に数字という共通点。
これってまさに「14番目の標的」。

ゼロの執行人

「天国と地獄」で度々登場しているφ(ファイ)のマーク。
殺された遺体の手のひらに描かれているものです。

こちらは「ゼロの執行人」のロゴの下に描かれた
∅(空集合)のマークに似ています。

瞳の中の暗殺者

「天国と地獄」第5話で登場した
“Curiosity killed the cat.”

「瞳の中の暗殺者」の最後のシーンが
思い起こされました。

小田切 敏郎
君は一体…
コナン
Need not to know
(知る必要の無い事)

実写版「名探偵コナン」

そして何より、テレビドラマ「名探偵コナン」で
工藤新一を演じた溝端淳平さんが
八巻英雄 役で出演されています。

buta
八巻… 数字の8やんけ。

狙ってなのか、たまたまなのか…
「14番目の標的」はさすがに
脚本家さんも分かってますよねぇ(!?)

他にも何か見つけたら
このページに追記したいと思います!

関連記事

ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第5話に登場した名言「Curiosity killed the cat.」(キュリオシティ・キルド・ザ・キャット)について調べてみました。真犯人は他にいる…と希望的観測を抱く彩子[…]

関連記事

ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第5話に日高陽斗(高橋一生)の"将来の夢"と書かれた文集が映し出されました。一部ですが、内容はこんな感じでした。将来の夢 日高陽斗僕の将来の夢は、世界の人たちにお父さんの作る[…]